P1020768

一粒の飯噛みしめて十三夜
なにげなう栗名月の影薄き

最近は、再び望遠鏡を出して空を眺めることが多くなった。