P1080932

御修法を終ゑし貴僧の福々し
P1080950


日輪の透けし朱傘や御修法会に

P1080939

あなたうと御修法終ゑ来て御衣奉ず
御慶かな修法の僧は大乗衣
御修法や笙篳篥の楽の音と

注)御修法は、みしほとも読み、後七日の御修法のこと。角川大歳時記の祭礼(新年)に季語として記載されている。俳句結社童子の西日本句座始にて吟行。