201606022230MARS

血の声で啼く時鳥火星呼ぶ
短夜や三大惑星東雲に
露台にて立つて眺めて大火星
真紅なる惑星昇り夏の暁

昨晩は、夜半を過ぎても望遠鏡を出して月、木星、土星、火星の順番に観測をしていた。この夏は、火星が歴史的な距離まで最接近する。しかし、今の火星はまだまだ小さいと思ったが血の様な色が印象的だと思った。時鳥がその間中、声を絞るように鳴き続けていた。