img_wood1のコピー

壊れた家の処置をめぐって父親と対立。父親とは俳句を通じて人生の中で一番仲良くなっていただけに残念である。父の詠んだ句。