images
年の瀬や母身罷つてはや三歳
身罷りし朝の冬日を偲びつつ
朗らかな年越し忘れ寂しかり
寒雷に母の呼びたる褥かな
添削の句のみ載りたる師走かな