51718052_2144211628992206_4983191416696995840_n

紅梅や亡母愛でにし広き庭

誰もおらない実家の庭はただ広く、母親が愛していた紅梅がもうすぐ満開の状態だった。
この梅は、40数年前にこの家が新築された時に、母親が近くで探して来た野生の梅を挿し木したものです。この梅を祖父は、みることが出来なかったが、祖母、父母、兄弟とずっと眺めてくらして来ました。植物の中で、梅は本当に強いと思います。他の草木は悉く枯れ果ててしまった中で開花です。