b8220464


宿雨初収草木濃
群鴉飛散下堂鐘
長廊無事僧帰院
尽日門前独看松

宿雨初めて収まって草木濃し
群鴉飛び散ず下堂の鐘
長廊無事く僧は院に帰る
尽日門前に 独り松を看る
(李渉「題開聖寺」)

早春の山門暗し僧は帰寺
禅客の目に眩しきや風光る


daijirouei01a
 和漢朗詠集の「僧帰寺」こちらは、季節は秋である。