kyoto-kyoto-tadasu-no-mori-forest-58092


夜鴉の黙し糺の納涼かな


本日は、童子関西句会例会。猛暑であったがレベルが高い句ばかり。この揚句もきちんと下鴨神社の祭礼を研究した句でピカイチでした。僕の句ではないが。夜鴉というのを調べてみれば、なんとも言えない言われがあるのです。

この句には本歌があります。万葉集です。

暁と夜烏鳴けどこの杜の木末が上はいまだ静けし

本歌の本意をいかした句で、さすが童子を代表する俳人北山日路地作だと思います。申し分ないです。