71651956_2534557203290978_4720388934859751424_n

父はまた肋に罅や鎌始め
落日を惜しむ刹那や稲を刈り
この棚田山田錦なむ刈り終ゑて
同じやうに足萎ゑてをりいぼむしり
紅芙蓉かたぶく先に川の風


私が倒れていた時、父親も転倒して肋骨に罅をこしらえていた。おかしな共通点があるものだ。写真は救出される時の様子。退院後1週間で歩行が可能になり、父親の施設を訪問。以前より歩行に時間がかかる様になったが、回復がかなり速い感じです。