m_09
三密の具現いかにぞ花筵

むらさきの衣の裾や花の寺

大日の如来の御堂桜散る

曼荼羅の浄土伽藍や御開帳

花散りて流るる度に魚の影


三密とは主として密教でいわれ,身密、口密、意密の総称である。仏の身体と言葉と心によって行われる三つの行為は、不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる三つの行為も、その隠された本性においては仏の三密と同等であるとされる。