Emperor_Showa_in_Saineikan

皇国の史観を愛でて大暑かな
天覧の試合朗らか大暑たる
陛下好む鰻茶漬けに櫃まぶし
菊水の冷酒を愛でて谷降るる
谷に棲み遠くの冷酒恋しかり

昭和天皇は、宮内庁の大膳が、たま~に取ってくれる出前を、ことのほか喜びになったと書いてあります。「野田岩」と言う鰻好きな昭和天皇に愛された店がある。金属のお重のような中に志ら焼が入っている。理由は、志ら焼を冷まさないため。大御所、鰻重・萩の登場が出されれば、卵焼きのようにふわふわで柔らかい鰻。炊きたてのように熱く、真っ白なご飯を味わうことが出来る。