まつたりおうぶライフ

毎日の平凡で程度が低い暮らしについてそこはかとなく浮かび来る無駄な話題、俳句等のブログです。

今日の俳句

みほとけは頬に指当て春待てり

大障子

50249865_2117777148302321_8842923945444245504_n

口開けて春を待つらむ大障子

最近の昼下がりはずっとこの安楽な座敷で、お酒を日が暮れるまで楽しんでおります。

団欒を偲びて冬の星座かな

winmap12

団欒を偲びて冬の星座かな

僕の家は、弟は遠く長野に暮らし、母は死に、父は介護施設。私は六甲の家で独り暮らし、今頃は、かつて団欒で楽しかった実家の上には冬の星座が煌々と輝いているのだろうと思います。幸せなどは二度とやって来ない。父も私も死に、その後を見守るのは、この夜空の星だけなのだと思います。

プロコフィエフ


ダウンロード

松明けてプロコフィエフとなる無邪気かな

正月は母親が年末に死に、3日誕生日と言うこともあり、陰鬱だ。
初詣に引いた籤も大凶と出た。大凶と出たのは生まれて初めてで打ちのめされた。
せめて嫌な正月は忘れて無邪気に過ごしたい。
それにはプロコフィエフが一番だ。

RIMG0056_1_1

大雪や飯一膳に足らぬ椀

肥満治療クリニックの指導で毎食、ご飯は、1/3椀とされている。
今日は、久しぶりに冷えてひもじいが、味噌汁やお茶、コーヒーを多い目に摂るしている。
それでも午後には、空腹に絶えかねて、神戸、新開地でおでんや鮪のすきみ、焼酎を頼んでしまった。
鮪のすきみは、新開地の名物らしい。値段が安く鮪の味が楽しめてよい。

母親の部屋から発見されたAPSのカメラのフィルムを現像に出してあがってきたが何も写されていないという。残念だった。母親の思い出はかなり少ない。初期のデジカメを母親に与えると案外に使いこなしていろいろな撮影したものが、母親のパソコンに残されているだけが救いである。

母親のPCも先日、起動できないのを復元に成功し、ウインドウズMEという太古OSが立ち上がり、母親が日々、源氏物語の注釈や、場面の絵をCGで描いていたそのままの画面が示されて感動した。このPCも僕が母親の為に組み立てたものだが、もはや部品は残っていないので、悪戦苦闘して復活の為に尽くした。母親は、このPCを特に気に入って、家事をおろそかにしてほぼ一日中、使っていたのが記憶に残っている。父親は、このPCの事を恨んでおり、早く捨てるようにと言ったが、僕の部屋に運び込んで事なきを得ている。

山枯れて深山の小径険しかり

47372423_2050461658367204_635224073940500480_n
47573590_2050461588367211_7877790552891064320_n
47502324_2050461581700545_9052908272389980160_n
47459949_2050462381700465_833184244804091904_n



 山枯れて深山の小径険しかり

 今日は、鈴蘭台から隣駅の鵯越まで徒歩で下った。標高差400メートル。途中までは、鈴蘭台の駅、車庫があり町中の風景だが、そこを過ぎると一気に、深い山となる。こちらに引っ越して来て9年になるが、こんなところが近所にあるとは思わなかった。六甲よりも昔、トレッキングを楽しんだ黒部渓谷のような風景が続く、実際、巨大なダム湖が暫くすると現れて、ダム湖沿いに道を下りダムの最上階から奈落の底に降りるような階段を下っていく。黒部ダムとそっくりな風景である。そこからは渓流の道が開けて、暫く進むとと六甲全山縦走路に出る。急激なアップダウンを繰り返して鵯越駅にたどり着く、自宅から約1時間15分で到着した。体重が現在73㌔だが、1年前までは、100㌔を越えていたのでこの道を歩くのは無理だったと思う。脚力に自信がついたので、他の山行も試してみたい。
ギャラリー
  • 大障子
  • 団欒を偲びて冬の星座かな
  • プロコフィエフ
  • 寒気団
  • 寒酒
  • 新春のホ句美しき陶の艶
  • エリオット詩集
  • 添削の句のみ載りたる師走かな
  • 椀
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ