まつたりおうぶライフ

毎日の平凡で程度が低い暮らしについてそこはかとなく浮かび来る無駄な話題、俳句等のブログです。

今日の俳句

みほとけは頬に指当て春待てり

意に沿はぬ世なむ捨てたき忘れ角

mig

意に沿はぬ世なむ捨てたき忘れ角

14549362509321


草木の零落歎き春庭譜

日月忽其不淹兮 
春與秋其代序  
惟草木之零落兮  
恐美人之遲暮

棲む人もなく荒れ果てた春の庭にようやく梅の花が咲き始めた。
手入れされていない梅の木、今年は、梅花数輪のみとなった。  



とつておきの古レコオドを秋暮るる

IMG_2424

 とつておきの古レコオドを秋暮るる

 今日は「レコードの日」だそうです。

23031666_1567173420029366_4718984752551083403_n


自治会の神社清掃駆りだされた。
境内に一杯、杉の葉や枝が散乱しているのを片づけて、落葉焚きをした。
秋らしい香りにつつまれました。
小部地域の鎮守の神様
大歳神社。
祠の様な小さな社がここに出来たのは、千年以上昔。
当時からあったとみられる杉の大木が聳えている。

神社の清掃が終わりました。疲れました。腰が痛くなりました。実家に帰るのは中止になりました。どんぐりを拾いました。

どんぐりを拾うて嬉し宮掃除
千歳の杉の落葉を掃き集め
腰痛のじじばば集ひ落葉焚き


杖増えてまた消えてゆき秋遍路


zyukan_kiku3

贋作と知りて眺めし菊の瓶
(写真は、十四代沈寿官本物です)

caption

谷の邑沈むるほどや霧の海
22519466_1554418641304844_8310135212906363334_n

杖増えてまた消えてゆき秋遍路

ひとりぼつちになる栗一つ

img243_DSCN0883

干からびし我が臍のをや菊の宿
菊剪りし鋏しやつきり雨上がり
露の世の空分けし雲いくばくか

今度は、父の腰痛と足の激痛。
今まで元気に自活していたら、それも、無理な様子。
これから先が思いやられる。
身寄りがないので、私だけを頼りにされても困る。

ひとりぼつちになる栗一つ

秋麗やひかり眩き学位授与

22089279_1536358406444201_7842695977301893051_n
22089870_1535695956510446_1773428195628698690_n

三尊の礼拝堂に小鳥来る
秋麗やひかり眩き学位授与

式果てて色無き風の山眺む

おかげさまで無事に佛教大学歴史学部を卒業できました。

 
ギャラリー
  • 意に沿はぬ世なむ捨てたき忘れ角
  • 意に沿はぬ世なむ捨てたき忘れ角
  • 涅槃会に命兆すや枝の先
  • 諷詠の春興なるや南無阿弥陀仏
  • 冬帝の御し給ひける山眺め
  • スカルド詩唄ひたきやう雪鳴りぬ
  • スカルド詩唄ひたきやう雪鳴りぬ
  • 空海の御筆も売るや初弘法
  • 空海の御筆も売るや初弘法
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ