まつたりおうぶライフ

毎日の平凡で程度が低い暮らしについてそこはかとなく浮かび来る無駄な話題、俳句等のブログです。

句集

みほとけは頬に指当て春待てり

句集「あの時この時」黒木千草句集


21369635_1513879882025387_858197266165328949_n

句集「あの時この時」黒木千草句集

拝受。

日常生活が珠玉の言葉の俳句として記録されている。
この句集をみて、日常生活を詠むということの重みが感じられた。
吟行を句にするのと違って日々、経験している生活感を言葉にするということで簡単な様に思われがちだが実に難しいことなんだと思いました。

作者は、童子で25年間俳句を作って来られたということ。
その25年間の俳句生活は、同時に四半世紀に渡る暮らしの記録であった。
特に母の死、父の死が記録されている。誰しも経験する人生の通過儀礼として、他人の目からみれば、簡単に言われてしまいがちだが、本人にとっては非常に重たいということは、私自身も母親の急逝により経験した。

21430067_1513880092025366_6941717914787870654_n


正月をはづしわが母逝かれけり

私の母も昨年の大晦日近い時期に亡くなったが、作者の場合は、三が日を明けてからの母君のご逝去だったのでしょう。

寒晴や母の匂ひの消えゆける
父一人残して帰るちちろかな

これも私の経験したことに重なってくる。母親が先になくなったのも同じ。「母の匂ひ」というのは、子にしか判らない暖かみのある独特の匂ひであり、それは、母親が骸になっても、母親の傍にいる時は感じられるが、火葬にされて昇天されれば、その匂ひや雰囲気は薄れていってしまうものだと感じた。


父から電話一分冬麗

母親を亡くした冬の季節に父から安寧を知らせる電話が入った。たった1分の電話だけれど、それだけで嬉しいものだと感じたのだろう。

はじまれる父の介護や八月尽
秋入日父の不在を実感し

父親も介護生活に入ったのでしょう。施設に泊まってがらんとした部屋の中に居る作者の姿がみえてきます。

冬の夜や危篤の父と二人にて
返事せぬ父に語りて松明ける
相続はこれで完了春北風

とうとうお父様も亡くなられた寂しさが浮かんでくる。

両親はもう居らずして盆の家
入学子再挑戦を言ひ出せる
寒明や山羊当番の娘を送り

両親を見送った心境の句も句集に載せられており、やがて、私も父もなくし、1人ぼっちになるが、そういった未来の状況をみるような気持ちで、句集を読み進む。やはり、親を失った哀しみとは、決別しがたいものがあるが、夫婦子供と五人の家族の暮らしが未来に向けて続いていくそういった希望というのもこの句集を読んで感じられた。

私は、父母を亡くすと信州の弟以外には身寄りはおらず、天涯孤独に近い状態。父親は、目の手術で入院する。刻々と時が過ぎていくのを感じて、この句集を閉じたのだった。


愉しい句集「猫」(訂正しました。お名前を間違えており失礼しました。)

P1080485

田代草猫さんから愉しい句集「猫」をいただきました。
P1080487

猫のイラストが可愛らしくて、俳句も魅力的な句があり、気に入りました。
ありがとうございました。
句集は、文庫サイズが一番だと思いますね。豪華絢爛なのは、開くだけで恐れ多くて、このように簡潔な装丁の中で、洒落た趣味の意向が凝らされており、手作り感満載です。
僕も句集を作るとしたら、ここにお願い出来ないかなあと思います。
P1080488
P1080489

桜の句が気に入りました。
P1080490

喉ぼとけの句も面白いと思いました。
P1080491

噴水の句も言い得て妙だと思いました。
僕も俳句が上手になって句集などを出せたらよいなあと思いました。


「捨女句集」

Scan1
坪内稔典佛教大学名誉教授を中心とする捨女を読む会編「捨女句集」。捨女とは、寛永十年生まれ、丹波国氷上郡柏原の田家に生まれる。芭蕉よりも11年早く生まれた。29歳の時に『俳諧良材』に初めて句が載る。天和元年に落飾し、元禄元年に庵を結び不徹と庵号を定める。元禄十一年八月十日に死去。

稔典先生は、小西来山句集の時もそうだが、江戸時代の俳人の発掘に積極的だ。戦後の俳句が虚子一色になってしまった時、現代俳句の方向性を求め試行錯誤が行われている。特に女流俳人が現代でどの様な新鮮な表現が出来るかに先生は、興味を持っていらっしゃって船団の会の代表として指導しておられるが、近代の俳人よりも江戸時代の女流俳人の方が、今の人間に比べてずっと濃度の高い人生を生きてきただけあって、興味深い作品を次々と詠んでいるからだと思う。

月のうさぎかつら男の姿かな
花たれてめははなたれぬ藤見かな
いとし子やのせてくらべん宝ぶね
ひいらぎや鬼をとおさぬ戸ばり帳
びしびしと草の戸ざしか霜ばしら
はぎたかくかかげて露の重みかな
夏の月においつく雲の足もなし
遊君かかいどういちの花の顔
つぼめるや草のわずかな花の顔
涅槃会にもかけ離れけりけふの暮れ

江戸時代前期の俳人とは思われない自由な表現に惹かれた。

村杉踏青句集「風見鶏」を読む


DSCN1757

童子関西句会の先達であられます、村杉踏青さんの句集をいただいてから半年が経ちました。
座右において常々、眺めていたのですが、その感想等を書いてみようと思っていたのが、ここまで延びてしまいました。ご免なさい。

踏青さんの句集で関心させられたのは、バランス感覚に優れた句が多いこと。また、少し距離を置いたところから眺めた写生の句が優れている。対象への思い入れも一歩離れて客観的にみようとする態度。さすが、医療という科学的な職業に従事されている人らしいと思いました。また、この人は、ユーモアというのを解する人であり、さりげなく込められた風刺的な心も、かえって句に深みを与えている。

そうそう、関西風の絶妙な薄味の出汁が利いた蛤のお吸い物の様な珠玉の句がこの本には並べられているのだと思います。以下、句集の冒頭から目についた句の感想を述べてみることにします。



1991年~1996年

アネモネの紫のゆれ赤のゆれ

アネモネというのは、実は色の動きを楽しむ花なんだと再認識させてくれる句。
写生句として優れています。

秋天を落ちてくるよなロープウェイ

ロープウエイは傾斜を移動するけれど、地上からみればその角度の錯覚で空から墜ちてくるように見える。そういった情景を上手に詠んでいる。

輪をくぐり消ゆるイルカや水温む

イルカの曲芸ショーの描写だが、輪をくぐって再び水中に戻っていくときにそのなま暖かい肌合いが感じられた。それを水温むに滑らかに結びつけている。巧みな句だな。


野分あと風速計の放心す

野分で狂った様に風速計が回っていたのに、今は、壊れた様に止まっている。それを放心という言葉で表現しているところが面白い。

神農の虎を診察室に置く

大阪の神農さんのお祭りをさりげなく描いている。一般人には、薬問屋街のお祭りだが、作者は、その当事者であるお医者様なのだ。

あの婆さん病院へ来ぬ師走かな

患者さんへの思いやりが感じられる。元気な筈の婆さんは、迎春の支度に忙しいのか、それとも風邪でも引いたのか。

茫々と青野寥々と石の群

茫々とした青野をいけば、やがて寂しげで冷たそうな石の群れに出会う。晩秋の情景がしみじみと感じられる句である。

山の湯の裸身ほのかに五月闇

山の湯と裸身を詠んだ表現は、ほかの作品にもあるが、これは、そこに五月闇を結びつけたのが妖しさが加わっていてユニークな句である。

深草少将の熱情欲しや龍の玉

龍の玉に少将の熱情を結びつけているのが、平安時代の貴族の精神につながるような。

終バスの去りて花野の暮れてきし

花野を逍遙していると時が過ぎるのを忘れる。ああ大変だ最終バスもでてしまっているよ。




町医者

菓子袋開けて叱らる初芝居

芝居が退屈なのでお煎餅かお菓子を食べようとしたら、たしなめられた。そんな何気ない風景だけれど、微笑ましい。

大渦の生まれてまた生る春の潮

実際に鳴門の渦潮をみていると一つの渦が収斂して、また、新しいの次から次へと生まれてくる。そんな情景が面白く表現されている。

しんきくさい祭どすやろ巡幸は

私も「しんきくさい」と祇園祭を思っている。京都の人だから見慣れている。それよりも、この暑さには参ってしまいます。

作り滝つひに燃え出す火山ショー

火山ショーで、最後に溶岩が流れて滝が燃え出す。よくみれば安っぽい仕掛けである。なんども同じのをみていると飽きてくる。そんな皮肉っぽい表現が楽しい。

春障子瀬戸内海に開きけり

瀬戸内の海端の旅館に泊まられたのだろうか。海に開くと言わずに瀬戸内海に開きけりと言い切ったところにこの句の良さがある。


渦潮や淡路の鳶と阿波の鳶

これも鳴門海峡での吟行句だろう。淡路側と四国側にそれぞれ鳶が舞って、漁師の獲物を盗もうと狙っている。面白い句である。

山若葉神戸は海の匂ふ街

素直に神戸の街の情景を詠んでいるところに引かれます。山若葉と海が匂うという取り合わせが秀逸。


わらび餅

この海の身の締まりたる浅蜊かな

浅蜊にもそれぞれの海の味が染みこんでいる。きっと潮の流れ冷たい海なんだろう。浅蜊の身が締まっている。

嶺々の氷河細りし花野かな

カナダで詠まれた句らしい。氷河が高いところから降りて来て、高度が下がると溶けて細くなる。そこに花野が広がっている。雄大な山の自然を詠んだ句。

冬籠二人黙してゐて楽し

冬籠、梅雨籠と、黙するというのは、よくある組み合わせてだけれど、最後に「楽し」と置いたところにこの句の良さがある。

蛤や明石の海の砂吐ける

浅蜊の句と同じような趣の句で、こちらの方が春らしい茫洋とした雰囲気がでている。

朧にて海鳴り遠き一夜かな

この句も朧という状況の中で、遠くで海鳴りが聞こえるという少しサイケな夜の海の状況が描かれているのがよい。

鱧ちりや祇園囃子が遠くより

関西人なんだから鱧ちりや。祇園祭の時期が旬なんである。

山墜つるごと万緑の迫るなり

この句は写生の域を超えている。心に迫ってくる素晴らしい句。


風見鶏

青蔦のまだ届かざる風見鶏

この家は、ずいぶん古いお屋敷なんだろう。下の方は、すでに蔦に覆われてしまっている。それが、上へ、上へと風見鶏まで届こうとしている。風見鶏に届く頃には、自分はどうなっているん

だろうか。時間の経過を感じさせる句。また、風見鶏という風に靡いて方向を変える存在を時間の経過と結びつけることで、その無常観というのを一段と印象づけることに成功している。

夏霧や巨岩の山の修道院

モンサンミシェルを詠んだ句。夏霧の覆われるという不思議な修道院である。記念写真、絵はがきの様な句ともみられがちだが、何かをそれを越えた画家の視点ともいえるものが感じられる句

である。

秋水や笙に従ふ婚の列

秋の婚礼、粛々とした厳かな雰囲気が表現されていてよい。

にこやかに亡き患者来る春の夢

やはり、亡くなられた患者さんの夢をみられるのだな。お医者さんという仕事もやはり、単なる技術的行為、診療を越えた人と人との心のつながりが感じられます。

ミユンヘンのからくり時計秋はじめ

からくり時計、それも本場ドイツのからくり時計をみていると、それは、いかにも初秋の趣きである。この地域の人は、夏の間は、農作業に従事し、シーズンが終わると、今度は、職人に早変わりして、からくり時計、からくり人形等いろいろな仕掛けを作る。アルプスの近い南ドイツの風景である。そこに牧歌的な夏の思い出が込められている。

竹の春百夜通ひの径ここに

深草少将の句はほかにも1句この句集に収載されている。この句は、熱情というよりもむしろ、清々しい竹の春の風景として捉えられているのが面白い。

素戔嗚尊を日本武尊を拝みおでんかな

神社詣の生真面目さが、おでんで惚けてみせるところが面白い句である。

東には葛城西は霞みけり

まるで蕪村の名句の様な作品だ。でも、ここまで居直られると、認めざるを得なくなりますね。

ほかにも名句が一杯ありましたが、これ以上は、書けないので筆を置きます。

北柳あぶみ句集「だだすこ」

1044813_518702604876458_341668782_n

俳句結社童子の北柳あぶみさんから、句集『だだすこ』が送られてきた。発行元は童子吟社、句集叢書Ⅱ、定価1000円。

装丁は簡潔だが、表紙の絵の感じ。緑と黄色を中心とした配色が気に入った。なんか気楽に持ち歩けそうな気がして、昨日の午前中届いて、そのまま居酒屋へ持っていて、読みながら、一杯やっていた。

桃子主宰の序文も気が利いている。この人の文章は、場所をわきまえた書き方が見事で、これから句集を開こうとする読者にとってあたかも食前酒のような雰囲気を醸し出してくれる。

いや捨てやう

雪解けてイーハトーヴの現はるる

通常、「イーハトーヴ」は、「イーハトーブ」と書かれたするのだが、ここでは、賢治の書き方に従っている。まさに賢治の拘った作者の紋章のようや作品だ。春の喜びが簡潔に表現されているのがいいなあ。

春泥の寺に逃げ場のなかりけり

その前に「ふるさとや春泥かくもねちつこく」とある。作者のふるさとは、秋田県である。秋田の鄙びた田舎道は、舗装されていないのだろう。最近は、舗装されていない道路の方が珍しくなっている。春泥の句も詠みづらくなって来たが、ここでは、寺の敷地中、春泥で、どこを歩いてもドロドロになってしまうという状況なんだろう。面白い句である。

精神歌萩の声とも聞こえたる

賢治生誕祭全国俳句大会で、受賞された句である。賢治祭には、この精神歌をみんなで歌うことが慣わしになっている。土とともに生きて土とともに死んでいった詩人の心が、「萩の声」ともで表現されている。

おたまじやくし

おたまじやくしの句群は、他の章に比べて簡潔・内面を追求した句が多いような感じ。少しわかりにくい、観念の世界に作者の優れた才能が感じられる。

一木の裸となつて吹かれけり

この句は、観念的な写生とは外れた擬人化の句とみられがちであるが、実はそうではない。客観写生を突き詰めて、その要素を絞り込んでいった時に、「一本の裸」となった。練り込まれた佳い句だと思う。

縁側におたまじやくしを落としけり

おたまじやくしを飼っている子供が水槽から転げ落としたのだろう。残酷な感じもするけれど、おたまじやくしというのは、静かな時は静かなのだが、驚くとばたばたとふいに大きな動きをすることがある。水槽を動かそうとしたら、こうした暴れて水槽の外にはみ出てしまったのだろう。そういった情景が浮かび上がってくる。

テーブルをくぐりてきたる石鹸玉

しゃぼん玉等はありふれた遊びだが、1個だけなかなか割れず、魂魄、人魂のようにテーブルをくぐり抜けて現れた様子への意外な驚きが表現されている。面白い句だと思う。


この辻で雨が霰になりにけり

時間の経過と状況が簡潔化されている。雨が霰になるというフレーズは、よく使われるけれど、「この辻で」が、ここでは、その情景を際だたせている成功作である。


毛虫

山吹に一吠えだけや裏の犬

山吹と犬の取り合わせというのが面白いし、いつもよく吠える裏隣の家の犬は、山吹が咲いた日は、一吠えだけで行ってしまった。山吹の凄く派手な黄色なんだけれど、どことなく儚げなところが風情が上手に詠み込まれている秀句である。

つばくらめ合鍵三つ拵へし

燕が、玄関の上に巣を作ってしまった。そこから出入りすれば、燕やヒナが驚いてかわいそうなので、勝手口から出入りすることにした。普段は使われていない入口なので、家族の分の合い鍵まで拵えなければならなかった。あの「朝顔に釣瓶とられて」のセカンドバージョンの様な句、機転が効いた面白い句。


春の頭

砂風呂の砂から春の頭かな

「春の頭」というのがわかりにくいが、砂風呂に入っている人の頭なのだろうか。春の頭とは、果たして、どんな頭なんだろうか。ずんぐりした頭がニュキっと砂の中から現れた様子なのかな。

その人とつかずはなれず茸狩

何故、「つかずはなれず」なんだろうかと考えてみると、茸の知識が少ない作者は、熟練した人の側にいて、毒茸か食用茸が判断してもらう必要があるから。もっと散らばって茸を探せばいいのに、参加した初心者は、そんな理由から先達の側を離れることができないのだ。そんなユーモアを上手に詠んでいる。


波酔ひ

ひたすらにおたまじやくしにならんとす

またまた、おたまじやくしが登場しました。この句も判りにくい。卵の中で目を光らせて待っている幼生の様子なのだろうか。命の源の紐のなか孵って尻尾をプルプルと震わせて卵から抜け出そうとする様子を詠んだのだろうか。面白い句だな。


やどかりや捨てたる殻にまたもどり

やどからは、成長するとともに新しい大きめの殻を捜して歩くのだけれど、殻が見つからなければ、もとに殻にすごすごと戻ってくるのである。成長したい自分、でも前途の困難に怯えて尻込みする自分といった暗喩があるのかも。それだけだと、教訓的な感じするのだけれど、やどかりという比喩がなにやら哀しさを感じさせるので、この句は、窮地を脱して、佳句足り得たのだと思う。


波酔ひのまだ続きをる円座かな

船酔いというのは執拗なものである。ずっと頭が回転しつつある訳。そんな人たちが円座で座っていると、お互いの船酔ひの頭の回転と、となり、となり、またどなりと伝播して、また、自分に戻ってきて、ループとなって増長していく、そんな滑稽な有様が詠まれている。


増殖中

千年の杉の花粉を浴びてけり

僕は花粉症なので、こんなのごめん被りたいけれど、「千年の杉」というありがたさの中で、そんな嫌悪感が失われ、ただバサバサと花粉を浴びている。その感慨が、「浴びてけり」と詠嘆調で表現されている。姿形の美しい句である。

このところけんくわもせずに蜆汁

旦那さん、最近は、毎日酔って朝帰り、二日酔いで、喧嘩をする気も失せているんだろう。そういったことって結構、日常生活であるんだろう。蜆汁にしてあげる主婦の優しさもさりげなく添えられている。

沼の蓮中州の葦と枯れ合へり

この沼は、昔、川の流れの一部であったのがせき止められてできたのだろう。そんな隔たりにも関わらず、蓮も葦も同じ時期に枯れていくおもしろさ。季重なりがむしろ空間の広がりを感じさせるのがよい。

他にもすばらしい句が一杯、載せられているけれど、すべてを論じることもできず、ここに筆を置きます。



 
ギャラリー
  • あんパンのこと、鰯雲のこと、母のこと、
  • あんパンのこと、鰯雲のこと、母のこと、
  • ひとりぼつちになる栗一つ
  • 肥満外来に通院して2週間で4㎏。合計5㎏以上の減量に成功
  • 肥満外来に通院して2週間で4㎏。合計5㎏以上の減量に成功
  • 諷詠の心まどかに澄みし月
  • 諷詠の心まどかに澄みし月
  • 蛇笏忌やアラビア風の奇想曲
  • 秋麗やひかり眩き学位授与
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ