まつたりおうぶライフ

三流の暮らしについての無為自然の話題、俳句等のブログです。

カテゴリ: 句集

立春の鳶しばし在り殿づくり
三輪山を隠さうべしや畦を焼く
畦ゆきて又畦ゆきて焼きにけり
狐火にただ街道のあるばかり
たもとほる寒鯉釣の一人かな
茶の花に尚はつ春の日和かな
時雨来と屏風の歌仙隔りけり
夕づゝの光りぬ呆きぬ虎鳴笛
探梅やみささぎどころたもとほり
顔や洟かみながら探梅行
一焔に浮く御眠涅槃像
春寒や道ほそぼそと阿弥陀堂
お甘茶や一人貌なる疲れ尼
にぎはしき雪解雫の伽藍かな

或る門のくづれて居るに馬酔木かな
黄色の仏ぞおはす蕨かな
ややありて気艇の波や蘆の角
葛飾や桃の籬も水田べり
日輪や蝌蚪の水輪の只中に


遊び女に真菰刈る子の声すなり
夏帽に湖光果てなくひらけたり
葛飾や浮葉のしるきひとの門
遠泳や高浪越ゆる一の列
やうやくに倦みし帰省や青葡萄

コスモスを離れし蝶に谿深し
秋耕やあらはの墓に手向花
しづみ見ゆ手古奈の宮や蘆の花
蝋あかく弥勒のおはす良夜かな
鯊釣や少年夙に門に待つ

寒鯉の魚籠にひかりて月ありぬ
見るかぎり枯れ立つ桑と鵙の贄と
谿の音雪崩なりける機始
茶の花のこぼれて似たる門辺かな
寒月や野々宮なほも闇深く

当麻曼荼羅縁起

恋ふらくは沙羅双樹咲く園の春
眉月とひかれる像機の上
白蓮やその瑞茎を巻きかへし
織りいでし浄土や春の夢ならぬ
囀や当麻の塔のふたつながら