まつたりおうぶライフ

毎日の平凡で程度が低い暮らしについてそこはかとなく浮かび来る無駄な話題、俳句等のブログです。

今日の一句

みほとけは頬に指当て春待てり

フルトヴェングラー鳴りたる暮の春

20840909_1498522970227745_5749033130394952389_n

俳句界八月号の読者投句の雑詠で稲畑廣太朗先生の特選・首席をいただいた「フルトヴェングラー鳴りたる暮の春」の句、そんなに考えて作った句ではないが、フルトヴェングラーの指揮と演奏が暮春の長閑さに合ういうのが評価の理由だが、果たして季が動くのかという点が気になりました。フルトヴェングラーの演奏も多種多様。暮春の様な演奏もあれば、もっと晩秋の寂しさや、あるいは、シューベルトの冬の旅を思わせる風景の中で、残照が枯れ野原を照らしているようなブラーム交響曲第4番の二楽章演奏等もあり、一概には言えない。

フルトヴェングラーの指揮で暮春に合う曲となれば、限られてくる。ドイツの暮春「Frühlingsneige」であり、日本の暮春の様な気怠さはない。

ヘルマン・ヘッセの詩に次の一節がある。

栗の木の太陽を吸い込んだ影、
城壁に舞う黒い秋のチョウ、
飛び散る広場の噴泉のひびき。
酒樽匠の地下室へのアーチの入り口から漂ってくるワインの匂い。
故郷を失った男は、家郷にあることの、
友だちであることの複雑な魅力を、
街角ごとに、縁石ごとに、五感をあげてすすりこんだ。
ぶらぶらと疲れを知らず、小路を歩いて、
川ぶちで刃物の砥ぎ屋に耳をすまし、
仕事場の窓越しにロクロ細工師をながめ、
看板になじみぶかい家の古い名を読んだ。
彼は長いこと川べりにたたずみ、
流れる水の上に乗り出すように
木のらんかんにもたれた。
水中では黒い水草が長い髪のように揺れ、
魚の細い背が小石の上に動かずにいた。
古い板の橋を渡り、
少年時代にしたように、
小さい橋の微妙な弾力のある反動を感じてみた。

大人になる憧れを暮春の時期になぞらえて読んでいる。
少年から青年、青年から大人になる旅を予感させる。

IMG_1535

句では、「鳴りたる」と読んだのだから、ある程度のレコードが音響を伴って聞こえてくる筈。
ワーグナーの神々の黄昏の中で、「夜明けとジークフリートのラインへの旅」等がふさわしいか。
そこには一抹の不安も感じ取れる筈である。
但し、僕は、ラインの黄金は、フルトヴェングラーよりもクナッパーツブッシュ指揮のウィーンフィルの演奏を好んで聴いている。やはり、ステレオによる豊かな音響は捨てがたい。

IMG_1533

 

鉄道模型のこと

鉄道模型を先日、久しぶりに走行させました。
もうジオラマを組み立てて、5年になるのだろうか。
全然進展がないまま放置しているんだ。
昭和時代の風景かなあ。
地方にいくと単線がいまだたくさん残っており、楽しませてくれます。
吟行にいくとそういった楽しみがあります。

322ccc


なつかしき鉄道模型箱庭に


20090617kuzuryu5

 梅雨晴れや九頭竜川の橋長き

この鉄橋の高く長いこと。単線だから凄く迫力があります。


この闇に生きとし生きて蛍狩

43618

この闇に生きとし生きて蛍狩
ほうたるを掬い取ろうと白き腕

もつぱらに母の句詠める一夏かな

IMG_9998-002

もつぱらに母の句詠める一夏かな
まきわらの揺るる舟灯や母浴衣

写真は、尾張津島天神祭、500年間続けられてきた典型的な川祭り。
 

水平に虹わたり来て摩耶の山

DSC04449

水平に虹わたり来て摩耶の山

昨日就寝前に夢の中で母に会えますようにと祈り眠ったが、母親と久しぶりに夢の中で再開を果たし、目覚めれば、摩耶山の方に水平に流れる虹色の雲が見えました。
ギャラリー
  • フルトヴェングラー鳴りたる暮の春
  • フルトヴェングラー鳴りたる暮の春
  • フルトヴェングラー鳴りたる暮の春
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 施餓鬼寺や無邪気の母に飴供え
  • 六斎会終はりて一人ゑんま堂
  • 巻物をするり解きて律の風
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ